観戦記ドットネットアワード2004 −夏−
MVP アニマル浜口
最優秀プロレスラー 高田総統
最優秀シュートファイター ジャダンバ・ナラントンガラグ
最優秀女子選手
優秀賞1 鈴木みのる
優秀賞2 TAKAみちのく
優秀賞3 男色ディーノ
優秀賞4 棚橋弘至
ベストタッグ(トリオ可) アニマル浜口&浜口京子
ベストマッチ(プロレス部門) 鈴木みのる×丸藤正道
ベストマッチ(シュート部門) チェ・ム・ベ×ソア・パラレイ
ベストマッチ(女子部門)
ベスト興行 7.10ノア東京ドーム大会
ベスト団体 DSE
新人賞(男子) 泉州力
新人賞(女子)
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー
ベストレフェリー 島田裕二
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 「プロレスは大人の、特に男性の娯楽だったはずだ。」棚橋弘至(週刊ファイト)
重大ニュース/アングル
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め) 佐々木健介(と彼のファミリー)
KANSENKI.NETベスト観戦記
KANSENKI.NETベストコラム
ワーストMVP
ワースト試合
ワースト興行
ワースト団体
ワーストアングル
コメント
その時々はいろいろと楽しめたこと多かったけど、振り返ってもなかなか思い出せない。
とにかくその消費スピードの速さにはクラクラしてしまう。
そんな中で記憶に残るイベントといえばやっぱりPRIDEヘビー級GPだったんだけれど、
それでもあんなに興奮したハズなのに、今、思い出すとなんか言いようの無い虚しさを伴っている・・・。
様々なキャラクターが奔放に活躍する様を馬鹿になって楽しむ、というぼくのプロレス観は
いよいよ共有できるところが無くなってしまうのだろうか、ねえ。

ワーストを全て【該当なし】としたのは、ヒドいのはあれもこれもたくさんあったけど、
どれがイチバン悪かったか、なんて決められないや、という消極的な理由からです。
あといつものように女子はほとんど見ていないので選べません。

 
戻る
TOPへ