観戦記ドットネットアワード2004 −グリフォン−
MVP 川尻達也(TEAM TOPS)
最優秀プロレスラー 橋本真也(ZERO-ONE)
最優秀シュートファイター 曙太郎(TEAMヨコズナ)
最優秀女子選手 ロクサン・モダフェリ(クロスポイント吉祥寺)
優秀賞1 近藤有己(パンクラスism)
優秀賞2 山本”KID”徳郁(PUREBRED TOKYO)
優秀賞3 郷野聡寛(パンクラスグラバカ)
優秀賞4 ガチ!MAGAZINE
ベストタッグ(トリオ可) 佐々木健介(オフィス健介)・鈴木みのる(パンクラスミッション)
ベストマッチ(プロレス部門) 藤田和之vs佐々木健介(10.9新日本両国)
ベストマッチ(シュート部門) ヴァンダレイ・シウバvsクイントン・ランペイジ・ジャクソン(10.31PRIDE28埼玉ミドル級タイトル戦)
ベストマッチ(女子部門) 辻結花vsエリカモントーヤ(8.5スマックガール後楽園)
ベスト興行 PRIDE-GP開幕戦(4.25埼玉)
ベスト団体 DSE(PRIDE)
新人賞(男子) 相撲軍団(戦闘竜、太子郎、玉海力、IRO関)
新人賞(女子) シャノン・フーバー(フリー)
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー 佐藤大輔&村上兼史(戦略シミュレーション作家)
ベストレフェリー 豊永レフェリー(皮肉)
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 「ガクトーッ!」(6.20PRIDEGP埼玉吉田秀彦マークハント戦勝利後のマイク)
重大ニュース/アングル K-1 vs PRIDE抗争拡大
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め) 谷川貞治(FEG K-1)
KANSENKI.NETベスト観戦記
KANSENKI.NETベストコラム
ワーストMVP 草間社長(新日本)
ワースト試合 伊藤崇文vs門馬秀貴(10.21PANCRASE後楽園)
ワースト興行 ハッスル4(7.25横浜アリーナ)
ワースト団体 新日本
ワーストアングル 「ハッスル」高田総統キャラを”そのままなぞった”読み物全て
コメント
総合格闘技が主でプロレスが従、という図式が世間的にも完全に定着した。

上から。

MVP 内容、出した結果ともに文句なし

最優秀2人 皮肉こみだが、あそこまで大きな失敗は逆に印象深い

女子 かくれた次のトップ

優秀賞 こっちのほうに正統派を入れました。郷野はブログの活躍こみ、というかそっちが主

ベストマッチ 格闘技は平凡。プロレスは、このブックまじで結構好き。しかし、なぜ失敗したのか。そこが何かのポイントでは

ベスト興行、団体 ひねりたかったのだが、これにいれないとしゃーない

新人賞 いいじゃんかよう、ああいう個性も

ベストプロデューサー 煽り映像に光は当たるべきだ。しかし暴れ太鼓は最初で最後に。

レフェリー 流れの中ですから。

コメント これ以外になにがあるのだ。あのサプライズ。

アングル 12月を楽しく過ごさせてくれる風物詩になるか。

目立った人 手を変え品を変えた「今度の曙はすごい!」が見事

ワースト各種 正直それほどいいも悪いもないけど。

 
戻る
TOPへ