観戦記ドットネットアワード2003 −maya−
MVP ミルコ・クロコップ
最優秀プロレスラー 堀口元気
最優秀シュートファイター クイントン“ランペイジ”ジャクソン
最優秀女子選手 下田美馬
優秀賞1 村上和成
優秀賞2 金村キンタロー
優秀賞3 えべっさん
優秀賞4 藤井恵
ベストタッグ(トリオ可) D-Fix
ベストマッチ(プロレス部門)  
ベストマッチ(シュート部門) ミルコ・クロコップvsヒース・ヒーリング(223.6.8.横浜アリーナ)
ベストマッチ(女子部門) チーム・エキセントリック(長与千種・広田さくら)vsD-Fix(尾崎魔弓・KAORU)(2003.4.6.横浜文化体育館)
ベスト興行 2003.4.22 闘龍門 国立代々木競技場第二体育館
ベスト団体 WEW(冬木軍プロモーション)
新人賞(男子) 中邑真輔
新人賞(女子)  
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー ウルティモ・ドラゴン、長与千種
ベストレフェリー トミー蘭
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 「お前らみんな成仏させてやるよ!」(永島千佳代)
重大ニュース/アングル 橋本負傷離脱
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め) 田中正志「誰も買わなかったプロレス・格闘技」 義理
KANSENKI.NETベスト観戦記  
KANSENKI.NETベストコラム 自分のストーンズ
ワーストMVP 武蔵、角田
ワースト試合 角田信朗vs武蔵米国ネバダ州・ミラージュホテル◇2003年5月2)
ワースト興行 K-1 BEAST II 2003.6.29 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
ワースト団体 全日本
ワーストアングル 天龍全日本離脱
コメント
MVP 今や過去の人になってしまったが、ボブ・サップをテクニックで崩れ落ちさせて、ヒーリングにもVTルールで圧勝したからいいんじゃないか。次のシュートの興味はミルコが誰に勝つかになってしまった。

堀口元気 4月のERU NUMENO UNO の活躍。闘龍門初参戦の天龍の相手になったのが、堀口元気になったのも頷けるが、これは7月だな。

クイントン“ランペイジ”ジャクソン ちょっと最近地味目だけど。プライド初参戦桜庭
の桜庭戦の時はキワ者だと思ったんだけど、その後の結果を見てみると、かなり実力をつけたかなと。
今年に入っても、ミーシャとランデルマンに勝っているからね。

下田美馬 なんで?と言われると難しいんだけど、なんとなくとしか言い様がない。

村上和成 小川がいつまでたっても中途半端なのに比べ、彼はプロレスラーはこうあるべきだというのを良く分かっているのではないか。
新日本なんてもう終わったと思いながらも、村上が出てくるとつい見てしまう。

えべっさん 昨年GAEA参戦というのもあったが、このキャラで新日本、全日本に上がったんだから大したもの。晩年のWARでも参戦してくれてたから喜び倍増。


藤井恵 vs吉田万里子戦はベストバウト候補なんだけど。僅差で外れた。それでも初めてとは思えないあのムーブは特筆モノ。華があるし。


D-Fix まあ、説明不要でしょ。


ミルコ・クロコップvsヒース・ヒーリング(223.6.8.横浜アリーナ)

立ち技系不利と言われていた、VTルールでのミルコの今後に注目。


チーム・エキセントリック(長与千種・広田さくら)vsD-Fix(尾崎魔弓・KAORU)(2003.4.6.横浜文化体育館)

過去のエキセントリックスvsD-Fixも面白かったが、その集大成のような試合。4人(+ポリス)の芸が如何なく発揮された。

2003.4.22 闘龍門 国立代々木競技場第二体育館

平日で、5700人超満員札止ねというところもいいが、GAEAのハイスパート600をパクってスピード感があったのも良かった。高山登場というのもあったが、堀口という本来バイプレイヤーだった選手を、あそこまでオーバーさせるとは。


 
戻る
TOPへ