観戦記ドットネットアワード2002 −ダイス−
MVP 棚橋弘至(新日本)
最優秀プロレスラー 金村キンタロー(WEW)
最優秀シュートファイター 大久保一樹(U−FILE)
最優秀女子選手 桜花由美(Jd’)
優秀賞1 田中将斗(ZERO−ONE)
優秀賞2 一宮章一(DDT)
優秀賞3 中西学(新日本)
優秀賞4 ケンドー・カシン(全日本)
ベストタッグ(トリオ可) 大谷・田中(ZERO−ONE)
ベストマッチ(プロレス部門) Mrポーゴvsブラッディ・レザー(11/23 WWS新宿アイランドホール)
ベストマッチ(シュート部門) 長南vs臼田(DEEP 9/7有明コロシアム)
ベストマッチ(女子部門) 阿部vsザ・ブラディー(Jd’9/23後楽園ホール)
ベスト興行 みちのくプロレス11/8大田区体育館大会
ベスト団体 ZERO−ONE
新人賞(男子) DJニラ(K−DOJO)
新人賞(女子) お船(K-DOJO)
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー 中村祥之(ZERO-ONE)
ベストレフェリー Mrフレッド(NWA)
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 小鹿社長「私が死んだら、線香をあげに来てください」(大日本10/8後楽園ホールより)
重大ニュース/アングル 石井館長脱税
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め) 丸井乙生(スポニチ・新日以外担当)
KANSENKI.NETベスト観戦記 ノリリン「7/7 01両国PPV観戦記」
KANSENKI.NETベストコラム Dr. Inside MOAT のプロレス哲学講座
ワーストMVP  
ワースト試合 小島vs大谷(12/15ZERO-ONE両国)
ワースト興行 W-1
ワースト団体 大日本
ワーストアングル 永田IWGP政権長期化
コメント
去年は、かなり偏りながらも77観戦してしまった。ここのレギュラーで俺より見てる人間は多分いないだろうけど、観戦記ネットアワードに俺の意見は反映されるのだろうか。まあ、ベスト団体はZERO-ONEで行けると思う。それ以外の項目は誰が選ばれても別にいいけど、新人賞(男子)だけは戦うぞ(笑)。

MVP 
棚橋弘至(新日本)
肺まで達する刺し傷(しかも複数)を負いながら、自分でスクーターに乗って病院に行った。医者に「プロレスラーじゃなきゃ死んでいた」と言わせた。刺した女を気遣った。試合のある日に、朝からやっていた。と、プロレスラーに対して持っていて欲しい「強さ」を見事に表現しきった。ちなみに試合は一度も見てません。

最優秀レスラー
金村キンタロー(WEW)
本来、MVPにしようと思っていたんだが、棚橋のインパクトに負けました。とは言え、東京ドームから新川崎小倉陸橋下広場まで。米山香織から橋本真也まで。どこでも、誰とでも戦えるのは金ちゃんだけ。

最優秀シュートファイター
大久保一樹(U−FILE)
唯一、俺の視界に入ったシュートファイター。天然キャラに期待大。

最優秀女子選手
桜花由美(Jd’)
好み(笑)。

優秀賞1
田中将斗(ZERO−ONE)
リング上のパフォーマンスに限定したら、日本一ではないかと思う。相方があれではリング外で目立つのは難しかろうが。

優秀賞2
一宮章一(DDT)
インディトップの目が01に向く中、インディらしいやり方でインディのプロレスを守りきった。

優秀賞3
中西学(新日本)
ルッテン、サップという難しい相手に対して、「記者席が拍手と喝采と爆笑に包まれた(byG.K)」物凄いプロレスをやってのけた。

優秀賞4
ケンドー・カシン(全日本)
戦う理由の無いカードが乱発される中、「タクシー呼べ!」の一言で因縁を作り出すセンスは素晴らしい。

ベストタッグ
大谷・田中(ZERO−ONE)
あとは勲章が欲しい。全日かノアにベルトを預ける度量があれば…。

ベストマッチ(プロレス部門)
Mrポーゴvsブラッディ・レザー(11/23 WWS新宿アイランドホール)
新宿西口の高層ビル街を暗黒街に変貌させた恐怖の一戦。横断歩道を渡って都庁まで行っていれば、翌日の東スポ一面をプライドから奪えたのにな(笑)。

ベストマッチ(シュート部門)
長南vs臼田(DEEP 9/7有明コロシアム)
臼田が嫌いなので。あと、早く終わってよかった。

ベストマッチ(女子部門)
阿部vsザ・ブラディー(Jd’9/23後楽園ホール)
30分以上の長丁場を全く飽きさなかった。阿部のラ・マヒストラル100連発には馬鹿負け。見ていたお客さんに特殊な脳内物質を発生させ、トリップさせてくれた。

ベスト興行
みちのくプロレス11/8大田区体育館大会
胸の奥がジワっと暖かくなるような興行だった。みちのく10周年の歴史の勝利。

ベスト団体
ZERO-ONE
恐ろしいことに、1/6後楽園のテンションで1年完走した。小笠原、横井、金村、黒田、Low−Ki、ガファリ、葛西と補強も万全。取材するマスコミが最も楽しそうな団体かもしれません。

新人賞(男子)
DJニラ(K−DOJO)
文句なし。東京のインディシーンでは既にトップランクの人気選手。自称「プロレス危機の象徴」。

新人賞(女子)
お船(K-DOJO)
他に誰かいるんですか?

ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー
中村祥之(ZERO-ONE)
いつもご苦労さまです。というか、他団体の渉外担当。特に外人ブッカーの仕事ぶりはひどすぎると思うのだが、どうか。

ベストレフェリー
Mrフレッド(NWA)
誰も越えられなかったなあ。

ベストコメント(マイク、コメント、雑誌等)
小鹿社長「私が死んだら、線香をあげに来てください」(大日本10/8後楽園ホールより)
小鹿社長の天然グダグダマイクは一見の価値あり。

重大ニュース/アングル
石井館長脱税
K−1観客7万人オーバー、視聴率30%越え。と、天下を取ったかと思ったタイミングでのコレは凄い。噂自体はずいぶん前からあったんだから、国税局は人がいいのか、悪いのか。あと、脱税の言い訳が素晴らしすぎ。

今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等)
丸井乙生(スポニチ・新日以外担当)
2chにハァハァスレまで立ってしまった美人記者。彼女なくして01なし。

KANSENKI.NETに掲載されたベスト観戦記
ノリリン「7/7 01両国PPV観戦記」
閣下と同じ興行の観戦記は、絶対に書くまいと思わされた。負けました。

KANSENKI.NETに掲載されたベストコラム
Dr. Inside MOAT のプロレス哲学講座
俺もノアオタになりたいと思った。(絶対無理)

ワーストMVP
パス
多分、俺の知らないところに、物凄く悪い人がいるのだと思う。

ワースト試合
小島vs大谷(12/15ZERO-ONE両国)
新日を出て、それぞれの団体で評価を上げた二人が、再会した途端に馳プロレスになっちゃうのはどういうわけだ?

ワースト興行
W-1
「初回にしては」とか「格闘家にしては」といったエクスキューズ付きで、それなりに評価されている。けど、かけた金を考えると、更にゴールデン放映ということを考えると、エクスキューズ付きで評価できるような興行ではないのでわ?むしろ普通の興行より高いハードル設定で評価する必要があると思う。方向性が正しいことは認めるけど、センスが無いというか、成金趣味にしか見えないぞ。

ワースト団体
大日本
主力選手が退団。期待の若手は負傷で長期欠場。言い訳の余地なし。

ワーストアングル
永田IWGP政権長期化
永田に勝てて、かつ巡業に連れて行ける選手が誰もいなくなってしまったという、新日の弱体化を象徴するアングル。

総評(コメント)
偏りつつも、てっぺんとケツが新日になってるのが、我ながら笑える。


 
戻る
TOPへ