観戦記ドットネットアワード2002 −deak−
MVP 高田延彦(高田道場)
最優秀プロレスラー 田村潔司(U-FILE CAMP)
最優秀シュートファイター ボブ・サップ
最優秀女子選手  
優秀賞1 該当者なし
優秀賞2 高山善廣(高山堂)
優秀賞3 小島聡(全日本)、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
優秀賞4 安田忠夫(新日本)、田中将斗(ZERO-ONE)
ベストタッグ(トリオ可) コールマン&ランデルマン
ベストマッチ(プロレス部門) 高田×田村
ベストマッチ(シュート部門) 安田×藤波
ベストマッチ(女子部門)  
ベスト興行 8.28 Dynamite!
ベスト団体 ZERO-ONE
新人賞(男子) 中邑真輔(新日本)、サム・グレカラス
新人賞(女子)  
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー 中村渉外部長(ZERO-ONE)
ベストレフェリー  
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) パンクラス郷野の、鈴木×ライガー戦に関するマイク
重大ニュース/アングル 高田、引退試合の相手に田村を指名!
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め) 元SWING LOWSの中の、何人かの人たち
KANSENKI.NETベスト観戦記  
KANSENKI.NETベストコラム  
ワーストMVP 永田裕志(新日本)
ワースト試合 蝶野×三沢(プロレス編)、藤田×ミルコ(シュート編)
ワースト興行 12.31 猪木ボンバイエ
ワースト団体 新日本プロレス
ワーストアングル 永田、橋本の連続防衛記録を抜けるか?
コメント
まず始めに、女子はあまり知識がないので評価しておりません。
すいません。

MVPは、文句なしで高田に決めました。
そして高田の指名に快く応じ、ファンの期待を裏切らなかった田村を、「プロレスラー」の最優秀選手にしました。
また、あの試合は、「プロレス」のベストマッチとして解釈しております。

優秀賞は、突き抜けた存在がいなかったので、1位(そういう意味でいいの??)だけ該当者なしにしてあります。
高山は頑張っていたのですが、本職であるプロレスのスキルを考えると、まだ1位にはしたくない感じです。

安田と藤波のシングルマッチは、地味ながらすごい迫力がありました。
ルールや約束はともかく、僕の中ではまぎれもないシュートマッチでした。
ダテに新日のナンバー2をはってきていない藤波の力に、あらためて敬意を称します。

それがプロレスなのか、シュートなのかは、単純に分けられるものではない。
この選考をしていて、そんな風に思いました。


 
戻る
TOPへ