観戦記ドットネットアワード2001 −タカハシ−
MVP 武藤敬司
(1年を通じてコンスタントにいい試合をしてきたから)
最優秀プロレスラー 武藤敬司
最優秀シュートファイター アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
(KOKトーナメント優勝者にしてPRIDEヘビー級王者。彼の移籍によりリングスがプライドのステップボードにすぎない事を世間に露呈してしまった)
最優秀女子選手 星野育蒔
(彼女がいたからSGの定期興行が発進し、AX旗揚げとなったから)
優秀賞1 秋山準
(次代を全く考えない特異な人気団体NOAHの中で、唯一未来を考えている稀有な存在)
優秀賞2  
優秀賞3 カート・アングル
(ほとんど休む事なく驚異的な試合内容の向上を見せ、なおかつ観客動員に貢献)
ベストタッグ(トリオ可) C−MAX
(他あんま見てないんで気が引けますけど)
*次点D−FIX、インフィニティ
ベストマッチ(プロレス部門) 武藤敬司対天龍源一郎(全日本@武道館)
(あれだけのキャリア同士で試合内容が向上し続けているのは驚き)
 *次点藤田和之対永田裕志(新日本@武道館)(なんちゃってVTとしては秀逸) *タッグ:3WAY9人タッグ(闘龍門@後楽園)
*    次点TLC2(WWF@レッスルマニアX7)
ベストマッチ(シュート部門) A・R・ノゲイラ対H・ヒーリング(PRIDE@東京ドーム)
*次点近藤対郷野、安田対バンナ
ベストマッチ(女子部門) 里村明衣子対北斗晶(GAEA@川崎)
ベスト興行 まだ見てないビデオが多いので後報します
ベスト団体 闘龍門
(1年通じてお金を払って見る価値のある団体であり続けたから)
新人賞(男子) 去年に杉浦を入れてしまったので、今年は該当者ナシとしてください。
新人賞(女子) 星野育蒔(AX)
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー 浅井校長
石井和義
(今年もよろしくお願いします)
ベストレフェリー ニック・パトリック
(ミスター高橋の方がいいような気もするが)
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 「これで出ないというならボクは小川が嫌いになっちゃうよ(石井館長)」
*K−1のトップファイターが続々と出場した理由がわかりました。この言葉を引き出した小川もエライ。
重大ニュース/アングル K−1とDSEの協力体制確立、及びパンクラスも参加表明。
*次点WCW崩壊によるWWFの全米統一。
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め) A・猪木
KANSENKI.NETベスト観戦記 自分のは6月のre-mix
他人のはひねリンさんのWCWナイトロ最終回

KANSENKI.NETベストコラム
自分のはテリー・ゴーディ追悼文
他人のは愚傾さんの娘。ライブ観戦記
KANSENKI.NETベストコラム 自分のはテリー・ゴーディ追悼文
他人のは愚傾さんの娘。ライブ観戦記
ワーストMVP A・猪木
(今年も色々な人に迷惑をかけたので。ファンの立場としては面白いが)
ワースト試合 橋本真也対佐々木健介
(新日本@大阪ドーム)
ワースト興行 猪木祭り
(後半3試合に救われただけで、試合前のドタバタ劇を含めて最低の名にふさわしい)
ワースト団体 WWF
(XFLの失敗、オースティンのヒールターン失敗、WCWとの抗争をビッグビジネスにできなかったなど裏目裏目の年でした)
*次点NOAH:
(今更川畑を入れたり高年齢の選手のリストラに着手できないなどの点や魅力的なタレントの無駄遣いなど)
ワーストアングル WWF対WCW
(最高のビジネスチャンスを逃したから)
コメント
<総括>
重大ニュースにリングス解散発表を入れられない(業界にとってそれほど重大じゃないから)のが非常に哀しい。
ますますシュートとワークの境界線がグチャグチャになるのかと思ったら年末にミスター高橋が暴露?本を出版!
その本については存在を無視するというのが業界全体のコンセンサスなので、今後ともますますグチャグチャになっていく事でしょう。
昨年の出来事としては業界最大団体のWWFが今後に響くような失敗を重ねてしまった事、K−1とDSEがどうやら手を携えてやっていくらしい事、猪木にこれからも新日本は食い物にされていく事が今年に多大な影響を与えそう。

団体のアップ/ダウン予想は・・・
<アップ>
パンクラス、リングス、K−1、大阪プロ
<ダウン>
新日本、闘龍門、WWF、GAEA

<アブない団体>
全日本、アルシオン、大日本

*ちなみにアップ/ダウンは現状から2〜30%増減くらいという意味です。


 
戻る
TOPへ