観戦記ドットネットアワード2001 −たか−
MVP もっちー(闘龍門)
最優秀プロレスラー 太陽ケア
最優秀シュートファイター 五味隆典
最優秀女子選手 KAORU
優秀賞1 武藤敬司
優秀賞2 天龍源一郎
優秀賞3 CIMA
ベストタッグ(トリオ可) ジャイアント・シルバ、シン
ベストマッチ(プロレス部門) 闘龍門の五人金網デスマッチ
ベストマッチ(シュート部門) 五味vsルミナ
ベストマッチ(女子部門)  
ベスト興行 T2P凱旋マッチ
ベスト団体 闘龍門
新人賞(男子) スペル・シーサー
新人賞(女子)  
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー  
ベストレフェリー  
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 正直、スマンカッタ
重大ニュース/アングル SAITOの引退
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め) 乙葉
KANSENKI.NETベスト観戦記  
KANSENKI.NETベストコラム  
ワーストMVP 愚乱・浪花
ワースト試合 永田vsミルコ
ワースト興行 猪木祭
ワースト団体 新日本プロレス
ワーストアングル 新日エースを永田にしたこと
コメント
K-1に続いて、PRIDEが出てきたことで、
いわゆる「プロレス」と呼ばれたものから、
視線をはずす機会が2001年に関しては多くあったと思います。
しかし、
ハヤブサの抜けたFMWを、そして全日を締めた天龍、
闘龍門を本当に楽しく盛り上げたもっちー、
この二人の功績は、
二大団体に伝わる伝統の壁を超えた両エースや、
むやみやたらにプロレスLOVEと、声を上げ、
無条件にベルトを巻いていく選手よりも立派に感じます。


 
戻る
TOPへ