観戦記ドットネットアワード2001 −ほいほい@爆発−
MVP 美濃輪育久
最優秀プロレスラー 武藤敬司
最優秀シュートファイター ティト・オーティス
最優秀女子選手  
優秀賞1 葛西純
優秀賞2 田中将斗
優秀賞3 村上和成
ベストタッグ(トリオ可) M2K
ベストマッチ(プロレス部門) 6人タッグ3WAY(闘龍門 8月14日)
ベストマッチ(シュート部門) 高田vsミルコ(PRIDE.17 11月3日)
ベストマッチ(女子部門)  
ベスト興行 ZERO-ONE旗揚げ戦
ベスト団体 闘龍門
新人賞(男子) 斉藤了
新人賞(女子)  
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー 品川さん
ベストレフェリー テッドタナベ
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 健介の正直スマンカッタ
重大ニュース/アングル リングス活動休止
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め) 田代まさし
KANSENKI.NETベスト観戦記 mayaさんのPRIDE
KANSENKI.NETベストコラム メモ8さんの第1回コラム
ワーストMVP 小川直也
ワースト試合 桜庭vsシウバ
ワースト興行 ルチャエイド(6月4日)
ワースト団体 みちのくプロレス
ワーストアングル 健介アメリカにVT武者修業
コメント
●MVP:美濃輪育久

どうしようか迷ったんですけどねぇ。
今年の活躍のおかげで、名前がかなりの所まで知れ渡り、パンクラスに美濃輪あり!
っていうのをしらしめたという事で。
それと去年に引き続き年間7試合。今年は12月以外は強豪ばかりとどれをとっても面白い試合をした。

●最優秀プロレスラー:武藤敬司

何だかありきたりすぎて面白くないんですけど。
悪いヒザをものともせず、全日本と新日本をかけもち、みちのくにも出場。
ビッグマッチ限定出場という契約はどこへやら?の大車輪な活躍と名勝負の数々。
なんだかんだ言っても、プロレスラーの鏡なのではないかと。

●最優秀シュートファイター:ティト・オーティス

試合を見て、ティトに勝てる選手はいないんじゃないか?と思わせるほどの安定感と強さを発揮。
アメリかを背負う人気選手。
タナー、シノシック、マティシェンコを3タテ出来る選手なんてそうはいない。

●優秀賞1:葛西純

MVPにしようかな?と思うぐらい、身体をはるスタイルと面白さ。
背中なんてもう傷だらけだし。おいおい、大丈夫かよ…。と思わせる激しさは好感が持てる。
そして、何より…個人的にではありますけど、お金を払ってでも見たいレスラーの一人。
葛西を見た事ない人は不幸だと思ってしまう(笑)

●優秀賞2:田中将斗

どこの団体でも、どんな選手とでも試合をする姿には、賞賛以外の言葉は見つからない。
なおかつ、ハードヒットな良い試合をするのだから申し分ない。
団体側として、これだけ使いやすい選手はそうはいない。
全日本は非常ぅ〜に勿体無い使い方をしたと思う。

●優秀賞3:村上和成

あのスタイルを確立させたのは素晴らしい。
村上には他の選手にはない何かがある。
自分の役割を十分に理解している。というのは、けっこう凄い事だと思います。
石川社長との名勝負をまたバトのリングで見たいな。

●ベストタッグ(トリオ可):M2K

これほど、安定感のあるタッグを出来るのはM2Kしかいない。
メンバーの誰と誰が組んでも(チョコ以外)うまく機能するのには脱帽。
闘龍門がここまで人気が出てきたのは、間違いなくM2Kがいたからだと思う。

●ベストマッチ(プロレス部門):6人タッグ3WAY(闘龍門 8月14日)

もうこの試合以外ないでしょう。
シングルでも良い試合(全プロレス団体で)はあったけど、この新鮮な形式でこんなにも
小気味良いテンポで進んだ試合は他にはない。

●ベストマッチ(シュート部門):高田vsミルコ(PRIDE.17 11月3日)

ワーストと紙一重なんですが…。
色んな意味で波紋を呼び、話題となったという事で。
高田はある意味生ける伝説なんじゃないか?と。

●ベスト興行:ZERO-ONE旗揚げ戦

興行としてのリズムっていうのかな?それが凄く印象に残っている。
入場の時に生み出される一体感はプロレスならでは。
プロレスの良さを感じずにはいられなかった。

●ベスト団体:闘龍門

1年間ホントによくやったと思う。
身体を壊しながら…それでも手を抜かず。
そして何よりいつも面白い事をやってくれた。これだけ安定して面白い団体はそうはない。

●新人賞(男子):斉藤了

自転車アングルが生み出した奇跡(笑)
今まで地味だったつぼみが急に美しい花を咲かせた。
藤井さん!という甲高い声は、1度聞いたらもう忘れられない。

●ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー:品川さん

この方以外に思い浮かばなかった(笑)
観戦記.netをいつも面白く、そして飽きさせないのは品川さんの力あってのものか?と。

●ベストレフェリー:テッドタナベ

他に思い浮かばなかった…。
色々な団体をさばき、色々な選手の技を受けている働き者なのに、何故やせないんだろう?
夏はあまり見たくないですねぇ(笑)

●ベストマイク:健介の正直スマンカッタ

これほどインパクトのあるマイクはそうはない。
健介は色んな意味でファンを飽きさせない。
そういう意味では一流の選手なんだろう。

●重大ニュース:リングス活動休止

解散なのか?この言葉の意味合いが(1月6日現在)良くわからないですが…。
選手をドンドン放出(引き抜かれ)し、なおも活動し頑張っていたのに。
サミーは攻略法への対処が早かったけど、リングスは遅かったという事か?
無念の一言しか出ない。

●今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め):田代まさし

観戦記.net掲示板のランナウェイ失敗の見出しには大笑いさせてもらった。
性癖というのは治らないものなんでしょうねぇ。
自分に少女趣味とかなくて良かった。

●KANSENKI.NETベスト観戦記(自薦可):mayaさんのPRIDE

個人的に好きな観戦記。
おぉ!mayaさんのPRIDE観戦記がある!というサプライズ付き。

●KANSENKI.NETベストコラム:メモ8さんの第1回コラム

これは凄い衝撃だった。何せ書き出しが、総合の未来は暗い。から始まっているのですから。
でも、内容は共感出来るところが多くて、読みながらウンウンと頷きたくなるほど。
メモ8さん、観戦記も期待してますよぉ。

●ワーストMVP:小川直也

紙面では話題の中心的存在だったし、三沢と試合をした。というのは物凄いインパクトだった。
でも、やっぱり試合が少ないのが難点。それだけ希少価値は上がるけど、それはあまり期待してない。
後半に入ってから、オーラがガクンとなくなったので、ワースト。

●ワースト試合:桜庭vsシウバ

はっきり言って…2試合とも面白かった。
ワーストにすべき試合ではないんですが、これにより両者がプロテクトされるという結果を生み出したので。

●ワースト興行:ルチャエイド(6月4日)

見に行った中で、これほど寂しい興行もなかった。
有名ルチャドールはプラタしか来ないし(笑)
カカオはマスク屋やってた方が、ホントに良かったのかも。

●ワースト団体:みちのくプロレス

人材が豊富な割には、勿体無い使い方ばっかり。
東郷と外道の絡みをもっと見たかったかなぁ。
唐突に組ませたのは、ちょっと失敗だったような気がする。

●ワーストアングル:健介アメリカにVT武者修業

健介がいなくてもちゃんと成り立ってた新日本。という構図は面白かったが。
髪型を変えた以外、さしあたって変化もなく…。
結局、健介は健介で…。これじゃ、家族でバカンスに行ってただけ。と言われてしょうがないよなぁ(笑)

とまぁ、色々面白かった2001年でした。
2002年も面白くなると良いなぁ〜。なんて思ってます。

長々とお付き合いありがとうございました。


 
戻る
TOPへ