観戦記ドットネットアワード2000 −凸ユーレイ−
MVP 桜庭和志
準MVP1 殊勲賞:秋山準
準MVP2 技能賞:田村潔司、中西百重
準MVP3 敢闘賞:川田利明、天龍源一郎
ベストタッグ(トリオ可) シュガー佐藤&永島千佳世
ベストマッチ 三沢光晴 vs 秋山準(2/27日本武道館)
ベスト興行 AAA7/5後楽園ホール
ベスト団体 GAEA
新人賞(デビュー三年以内) 村浜武洋
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー ウルティモ・ドラゴン
ベストレフェリー トミー蘭<フリー>
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 橋本真也「小川ぁはぁ〜!なぜ村上に俺を襲わせたぁはぁ〜〜!!」
重大ニュース/アングル 全日分裂
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め) 馬場元子、橋本真也
KANSENKI.NETベスト観戦記 ノリリン閣下の 11/30 新日本
ワーストMVP 小川直也
ワースト試合  
ワースト興行 9/2キングダム川崎市体育館
ワースト団体 JWP
ワーストアングル 全女JWP提携、JWPプロジェクト主催興行、etc.
コメント
 MVP、準〜、はなんだか東スポのプロレス大賞みたいになっちゃいましたが。

 桜庭は、一般メディアへの露出の急増も込みで考えて。
 中西百重は、名前を出したかったので無理やり。
 敢闘賞2人は、2000年ある意味オイシかった。いまいちソレを生かしきれなかった感もあるが。

 ベストマッチは、見る側の思い入れと試合経過・結果が幸せなほうへ一致した、希少な試合でした。目立ってはいないが、秋山アップに決定的な役割を果たした。
 ベスト興行は、小ぢんまりとしてはいますが、メヒコに極力ちかづけた興行をしてくれたので。初心者としては非常に面白かった。
 ベスト団体、あれだけ好調なのだから評価しないわけにはいきません。

 新人賞は、野茂が大リーグで新人賞もらうみたいですが…
 ベストブッカーは8/24キッド vs SUWAのブック、この1点だけでもこの人に。
 ベストレフリーは広田とのかけ合いで。

 ベストコメントはただ単純に爆笑してしまったので。
 ベスト観戦記はファンなので。KANSENKI.NETのものに限らなければ、プロレスカフェ・バックナンバー第966回、RINGMAN(チャパ倶楽部)さんの11/26JWPも。泣けました。

 ワーストMVP、(価値のある)試合が少なすぎる。
 ワースト興行は、インディの興行を額面通りに評価してしまうとアレなんですが… 他に、行って後悔したのは3/2大日本川崎、5/5新日本福岡ドーム、5/9掣圏道後楽園、7/10新宿プロレス、など。
 ワースト団体、ワーストアングルは、…潰れかけちゃいかんだろ(涙)。

 
 今世紀最高の〜、選手はともかく試合のほうは、たんに子どものころの覚えている試合、ってことです(笑)。


20世紀最高の選手ベスト1 アントニオ猪木
20世紀最高の選手ベスト2 スタン・ハンセン
20世紀最高の選手ベスト3 三沢光晴
20世紀最高の試合ベスト1 猪木 vs 大木
20世紀最高の試合ベスト2 猪木 vs ハンセン
20世紀最高の試合ベスト3 藤波 vs 長州
 
戻る
TOPへ